任意売却なら名古屋地区トップ
クラスの実績ホームプランナー

よくあるご質問

Q1ローンの返済が苦しいのですが、どうしたら良いでしょうか?
A1
まずは滞納しているかどうかご確認ください。
滞納していない場合は、住宅ローンの借り換えを含めた返済計画の見直しができる可能性があります。
各金融機関への打診など借り換えのお手伝いもさせて頂きますので、遠慮なくご相談ください。
すでに滞納している場合は、催促状、差押え、競売の申し立てなど手遅れになる前に、少しでも早くご相談ください。
Q2競売を申し立てられました。もう遅いでしょうか?
A2
競売を申し立てられても、取下げ(中止)を行うことはできます。
ただし、取下げのタイムリミットは約5~6カ月が一般的ですので、いますぐにでもご相談ください。
Q3怖くて催促の電話に出られません。怖くて逃げてしまいたいです。
A3
無視をしたり、放置をしても状況はよくなりません。
専門スタッフがご相談者さまに代わり、すべての債権者さまと折衝しますので、まずはご相談ください。
Q4相談すると費用はかかりますか?
A4
ご相談はすべて無料です。
まずはご自身の置かれている状況を把握、ご説明とともに今後の手立てをご提案させていただきます。
任意売却の流れとなった場合も、債権者さまの同意を得て、売却代金の中から売却に要した諸費用を捻出することができますので、ご相談者さまの持ち出しはございません。
Q5弁護士に相談したほうが良いのでしょうか?
A5
原則として、任意売却においては弁護士は不要です。
不動産の売却ができるのは、弁護士ではなく不動産会社のみです。
借入金額、借入方法などによっては、任意売却後に「任意整理」「個人再生」「自己破産」等の手続きを行う場合は、弁護士が必要となります。
任意売却完了後も専門の弁護士をご紹介するなどサポートさせて頂きますので、ご安心ください。
Q6任意売却するとブラックリストに載りますか?
A6
ブラックリストというものは、実際には存在しません。
ただし、金融機関、クレジット会社などが融資審査において確認する個人信用情報機関に延滞情報、事故情報として記載されます。
そのため、ローンを滞納した時点で事故情報は掲載されます。
現実は早くマイホームを売却するなどの手立てが必要となりますので、お悩みの前に少しでも早くご相談ください。
Q7家を手放したくないのですが、方法はありますか?
A7
状況にもよりますが、買い戻しやリースバックという方法があります。
第三者に売却することで、ご相談者さまが今後は賃借人となり賃貸契約を締結、現在のご自宅にそのまま居住していただく方法もございます。
買戻しやリースバックも対応できますので、まずはご相談ください。

Q8すでに不動産会社へ売却相談をしていますが・・・
A8
すでに他社で売却の依頼をしている場合でも、他の会社に相談することはできます。
任意売却は特殊な売却方法ですので、専門知識もなく理解をしないまま売却活動をしている不動産会社も多くございます。
売買実績は5,000件以上、任意売却の取り扱い実績の多い当社へ、まずはご相談ください。
Q9自己破産を検討しています。滞納した税金も免除になりますか?
A9
自己破産をしても滞納した税金は免除になりません。
税金は国民の義務ですので、金融機関、クレジット会社などの借入と異なり、自己破産による債務免除はありません。
任意売却が可能で税金滞納により差押え登記がある場合は、任意売却を行うのがベストな選択です。債権者の同意は必要ですが、売却代金の一部より差押え解除に必要な滞納した税金の支払いに配分できる可能性があります。自己破産は、任意売却で滞納した税金を支払った後で行うことをお勧めします。状況により異なりますので、まずはご相談ください。

1日でも早い解決には1日でも早いご相談が大切です。
ご相談は無料です、多数の実績のある当社にお任せください

0120-406-213

お問い合わせフォーム