任意売却なら名古屋地区トップ
クラスの実績ホームプランナー

事例紹介

ホームプランナーで解決した様々な事例をご紹介します。
住宅ローンの滞納、離婚、リストラ、税金の差押など様々なケースがありますが、
みなさま既に新しい生活をスタートされています。

債権者との交渉により競売を回避!

任意売却のご相談を頂きました。
住宅ローンの抵当権者が2社あり、管理費等も1年以上滞納されておりました。
残債額以上の価格で売却する事は困難なため、債権者(銀行等)と何度も打ち合わせを行い、任意売却をすることにご承諾頂きました。

その後販売活動を開始し、競売開始までの期間に無事売却をする事が出来ました。競売に掛かり、自己破産の選択肢しかない状況にはなりたくないとご相談を頂いておりましたので、無事に任意売却が出来て良かったと喜んで頂きました。

任意売却を進めるにあたり、売却期間中に債権者(銀行)、管理会社等にいくつかの書類を提出しなければいけません。弊社では過去の事案をもとに、どのような書類が来るのかを事前にお伝えしご説明することで、少しでも売主様の不安を解消できるよう努めております。

住宅ローン・税金の滞納で自宅差押の通知が・・・。早めの相談で再出発を!

まずは住宅ローン債権(残債務2400万円)以外に滞納があるかを確認させて頂いたところ、固定資産税・都市計画税の滞納があり、既に差押についての通知が来ているということでしたので、自宅を差押される前に売主様と役所へ伺い今後の相談をさせて頂きました。(多くの方が支払い困難になると税金等の督促通知を無視し、その結果、自宅を差押されてしまうというケースも少なくありません。)

これにより、売却時の債権者への話も通りやすくなりました。 その後の話合いで売出価格は2500万円に決まり販売を開始しました。

売主様の意向としては、できるだけ残債務を減らしたいということでした。その為、まずは物件の完成度を高めるために先行しての引越しと残地物撤去のご提案をさせて頂きました。 室内退去後、不動産ポータルサイトへ室内写真を多数掲載しネット反響を拾いながら、同時に折込広告、オープンハウスを実施したところ、早期に購入者を見つけることができました。

残債務は若干残りましたが、売主様にはこれでまた再出発ができる『ありがとう』と感謝の言葉を頂くことができました。

保有不動産があり生活保護が受けられない!不動産をすぐに現金化したい!

売主様の親族の方から任意売却のポータルサイトを拝見したと弊社に電話がありました。
急を要するとのことでしたので、すぐに翌日お会いして、話を親族の方と売主様に伺いました。売主様はリストラにあい、現在無職で収入がなく、貯金も底をつき、生活保護の申請を区役所に行ったところ、保有不動産がある為申請ができないとの回答があったそうです。
自宅は築50年以上の平屋建てで相続により取得した物件でしたので、借入はありませんでしたが、市から固定資産税等の差押が入っており、既に電気、水道、ガスも止められている状態でした。売主様も何とかしなければいけないというのは分かっていたそうですが、リストラのショックで何も手がつかない状況だったそうです。
生活が出来ないのでその自宅をすぐに現金化したいとのご要望でしたので、解体も測量もせず、そのままの現状ですぐに購入してくれる買取会社に話をし、無事に初めの電話から約2週間で、1700万円での売買が決まり、次の賃貸の引っ越し先まで決まり、取引がすべて完了しました。
弊社はご相談者様にとって何が一番適切対応かを瞬時に判断し、任意売却専門のスタッフが対応いたします。

住宅ローン、管理費の滞納・・・。競売前に売却し自己破産を回避できました!

マンション売却のご相談を頂きました。

内容を伺ったところ、住宅ローンや管理費などの支払いが難しく、滞納してしまい困っているとの事でした。残債に対して相場が下回っており普通に売却する事は出来ないため、任意売却の内容をお伝えし進めていく事になりました。

任意売却で気をつけなければいけない事の一つは、固定資産税や市県民税などの税金を滞納しない事です。そこで役所で相談をし、分割して支払いをして頂く事になりました。
その後、販売活動を開始し、競売開始までの期間内に無事に契約をする事が出来ました。競売に掛かり自己破産の選択肢しかない状況にはなりたくないとご相談を頂いておりましたので、無事に任意売却が出来て良かったと喜んで頂きました。

1日でも早い解決には1日でも早いご相談が大切です。
ご相談は無料です、多数の実績のある当社にお任せください

0120-406-213

お問い合わせフォーム