任意売却なら名古屋地区トップ
クラスの実績ホームプランナー

事例紹介

ホームプランナーで解決した様々な事例をご紹介します。
住宅ローンの滞納、離婚、リストラ、税金の差押など様々なケースがありますが、
みなさま既に新しい生活をスタートされています。

競売手続が進んでいたのに任意売却が成立!

ご相談を受けた時には既に裁判所から派遣された執行官が現地調査をした後でした。
これは債権者(銀行の保証会社)による競売手続きが進んでおり、入札開始時期が迫っている事を意味します。
競売手続きの進み具合によっては“時既に遅し”と判断され兼ねませんが、ここは弊社の任意売却の経験則から速攻で客付けする事で、債権者との交渉次第では競売取り下げの余地有りと踏みました。
とは言え、悠長に販売活動する時間は無いので、複数の取引先事業者へのアプローチからおおよその買取価格を把握すると同時に、債権者側のボーダーラインを探りつつ最後は買手側に無理を聞いてもらって任意売却を成立させた事例です。


ここまで放置し続けたご相談者様に非はあるとは言え、置かれた状況や落ちたメンタルでは銀行へ相談する気も起きない事は理解できます。
目に見える事だけで出来る出来ないを判断するのではなく、ご相談者様の置かれた状況や気持ちに寄り添い、何とかなる道筋があるならば、それに対して全力で取り組む事は我々の役割です。

体調を崩して就業できない状態のなか、競売開始の通知が…

競売開始の通知が届き、任意売却ご希望の方からご依頼を頂きました。
体調を崩され就業できない状態で、家賃収入で生活していましたが、退去者が続き、収入が減った為競売の通知が届きました。
自宅と賃貸アパートが1筆の土地上にあり住宅ローンが組めない物件の為、現金でしか購入できない物件でしたがすぐに何組か購入希望者が現れました。
問題は債権者が多く、売主様の引越し費用が捻出できないことでしたが、売主様がすぐに就業できる状態で無かった為、生活保護の申し込みしていただき、引越し費用は市役所に出して頂く事で無事転居して引き渡しとなりました。

病気により仕事ができない。滞納もあり多額の借金もある。自己破産しか方法はないのか…

病気により仕事が出来なくなった為自宅マンションを売却したいとのご相談を受けました。
鬱病を患い自宅マンションの管理費や固定資産税等も払えず、多額の借金を抱えてしまった為、これからどうなってしまうのかとても不安で夜も眠れず悩んでいた時に、弊社ホームページへたどり着き、そこにはたくさんの人達の「声」があり、この会社なら親身に相談に乗ってもらえると思い連絡したとのことでした。
まず現在の状況を伺ったところ、借入総額が800万円以上あり消費者金融などからの督促状が多数来ているうえ、管理費・税金滞納・自宅も差押さえられ競売開始決定もされていましたので、自己破産し生活保護を受ける事も検討されているとの事でした。

続きを読む

幸いにも自宅に抵当権設定(住宅ローン等)はありませんでしたので、自宅の売却価格によっては自己破産する必要は無いとご説明いたしました。 早速、ご自宅の査定を行ったところ、当時は近隣マンションが比較的高値で取引されており、ご自宅も1000万円以上で売却できる可能性があると分かりました。 ただ、今の状況から考えると、競売開始までの時間が無いのは一目瞭然でした。 すぐに税務署、管理会社、消費者金融へ連絡を取り売却資金で返済するので、競売を開始するのを暫く待って頂けるように交渉しました。 売主様にも現在の状況を伝え、高値でじっくり販売していく時間が無いことをご理解頂き、売却活動をスタートさせることになりました。 ご自宅は駅近の上層階ということもあり、すぐにインターネットサイトから数組の内覧希望が入り、その中のお客様から購入希望を頂き、無事取引を成立させることができました。 売主様は、一時はどうなることかと思ったけれど無事に管理費・税金滞納や借金すべてを返済することができ、手元に現金も残せたと喜んで頂けました。 今後については、一旦賃貸マンションに住み病気療養に専念し、 生活保護が受けられる状況になったら、申請しに行くとのことでした。 帰り際に、売主様から「やっぱりホームプランナーさんに相談してよかった。ありがとう!」と、温かいお言葉を頂けました

競売にならないために早めの相談を

俗に言う任意売却です。

弊社は、名古屋市の任意売却相談専門窓口(HP参照)の一面があり、愛知県全域からの相談が連日あります。 その中で、不動産業者や銀行へ依頼すれば直ぐに任意売却に取り掛かれるものと誤解されている方が多く見受けられます。 実際は相談者が銀行との関係をどこまで拗らせているのかにもよりますが、初期段階の方は任意売却開始まである程度時間を要します。

まずは相談者自らが銀行へご自身の生活状況(収入状況等)を伝える事から始まるのですが、何をどう伝えて良いのかも分かりませんよね?? 銀行に自身の収入状況を伝え“聞いてもらえた”と言う事が精神衛生上からも良いのですが、現実はなかなか出来ない方も多い様です。

弊社はそれら全てアドバイスします。本当の意味で1~10までのフォローです。 相談者、銀行、弊社が同じ目的(少しでも高く一般市場での売却)の元に協力して取り組むので、疎外感も無く安心して任意売却を進められます。

末期段階の方は必要手続き後、直ぐに取り掛かれる場合もあれば、残念ながら競売は避けられない(末期の末期)場合もあります。

そうならない為にも住宅ローンに対して先行き不安を感じている方は取り敢えず弊社へご相談下さいませ。

1日でも早い解決には1日でも早いご相談が大切です。
ご相談は無料です、多数の実績のある当社にお任せください

0120-406-213

お問い合わせフォーム