任意売却なら名古屋地区トップ
クラスの実績ホームプランナー

事例紹介

ホームプランナーで解決した様々な事例をご紹介します。
住宅ローンの滞納、離婚、リストラ、税金の差押など様々なケースがありますが、
みなさま既に新しい生活をスタートされています。

ご依頼された要件に最善をつくします!

1階がカフェ、2階が自宅の店舗付住宅を売却したいとのご相談がありました。 平成12年築の鉄骨造2階建ての店舗付き住宅でした。所有者であるご主人様はケーキなどを作るパティシエで地元では人気のカフェとして約19年間営業していましたが、離婚がきっかけで店舗を移転し、今まで営業していたこちらの自宅兼店舗を売却することとなりました。 査定額は土地と建物合わせ3500万円ほどでしたが、債務が4000万円残っていたため、4500万円で販売を開始いたしました。このような店舗付き住宅は購入者が限られており、一般住宅より需要が少ないため、販売は苦戦する旨をあらかじめお伝えしました。販売開始から3ヵ月ほど経ちましたがほとんど問い合わせもなく弊社の予想通り販売は苦戦し、価格を見直したりと長期戦になりました。販売開始から半年がたち、以前から数回内覧されご検討されていた障害者支援施設の方からお申し込みが入りました。 金額も何とか4000万円でまとまり無事債務を返済し売却が完了しました。 不動産の売却は、依頼者の方によって様々な事情がありますので弊社はご依頼された要件に、最善を尽くしお客様のご要望に応えられるよう取り組んでまいります。

早めの相談で手元にお金を残し、任意売却に成功!

任意売却の相談を頂きました。
相談を受けた時点では滞納しておりませんでしたが、頑張っても3ヶ月くらいで支払いが困難になるので売却したいとのことでした。

査定をしたところ、残債に対して査定価格が大きく下回っており、任意売却以外の方法では売却が難しいとの結論となりました。
任意売却の場合、金融機関にもよりますが、一般的には滞納開始から約6ヶ月で不動産仲介業者が任意売却として活動が出来るようになります。
今回は、残り3ヶ月支払ったとしてもその後は困難になるとあらかじめ伺っていたので、次の支払いから滞納してもらい、その分を転居費用に充てることで少しでも現状の負担を減らせるような方法をとって頂きました。(支払いをとめればその分の負債は売却後に債務として加算されますが、現在の状態を考えると少しでも手元のお金を残す方法を取ることが望ましい場合もあります。)

売主様には、このような方法が取れることも知らなかったし、売却後のことまでしっかりしたと説明を受けられ不安が解消できたので、早い段階で相談して良かったと言って頂けました。
任意売却のご相談をされる方の多くは、現状や売却後のことについて色々な不安を抱いております。ただ、悩んでいても時間だけが過ぎていき、相談した頃には手遅れということもありますので、まずはご相談頂ければと思います。

住宅ローン・税金の滞納で自宅差押の通知が・・・。早めの相談で再出発を!

まずは住宅ローン債権(残債務2400万円)以外に滞納があるかを確認させて頂いたところ、固定資産税・都市計画税の滞納があり、既に差押についての通知が来ているということでしたので、自宅を差押される前に売主様と役所へ伺い今後の相談をさせて頂きました。(多くの方が支払い困難になると税金等の督促通知を無視し、その結果、自宅を差押されてしまうというケースも少なくありません。)

これにより、売却時の債権者への話も通りやすくなりました。 その後の話合いで売出価格は2500万円に決まり販売を開始しました。

売主様の意向としては、できるだけ残債務を減らしたいということでした。その為、まずは物件の完成度を高めるために先行しての引越しと残地物撤去のご提案をさせて頂きました。 室内退去後、不動産ポータルサイトへ室内写真を多数掲載しネット反響を拾いながら、同時に折込広告、オープンハウスを実施したところ、早期に購入者を見つけることができました。

残債務は若干残りましたが、売主様にはこれでまた再出発ができる『ありがとう』と感謝の言葉を頂くことができました。

競売になる前に売却したい!

現在居住している自宅を売却したいという方からご相談を受けました。
お話を伺うと、土木関係の仕事を自営業でやられている方ですが、現在は事業がうまくいっておらず、住宅ローンの支払いが滞っている状態とのことでした。
住宅ローンの残債もまだ多く、売却することは可能かというご相談でした。
住宅は築25年の鉄骨造3階建ての事務所付住宅で、11年前に約2,800万円で購入し、1階を会社、2,3階を居宅として使用していました。ローンの残債が約2,200万円残っており、現状査定したところ、雨漏りが3か所あり、経年劣化等で1,500万円の査定額でした。
そこで、ローンの残債や、物件の状態も含め任意売却の提案をいたしました。
競売にならずに売却したいとのことでしたので、すぐに任意売却での販売を開始し、査定額より200万円高い1,700万円で売却することが出来ました。
任意売却は自宅を売却して終わりではありません。売却後も残債が残りますし、次の家のことも考えなければなりません。
当社は任意売却を専門的に担当しているスタッフも数多くおり、任意売却中の債権者への対応はもちろん、引越しのサポートなど万全の体制で支援いたします。

1日でも早い解決には1日でも早いご相談が大切です。
ご相談は無料です、多数の実績のある当社にお任せください

0120-406-213

お問い合わせフォーム