任意売却なら名古屋地区トップ
クラスの実績ホームプランナー

事例紹介

ホームプランナーで解決した様々な事例をご紹介します。
住宅ローンの滞納、離婚、リストラ、税金の差押など様々なケースがありますが、
みなさま既に新しい生活をスタートされています。

負の相続財産を相続していまい…自己破産する?しない?

旦那様から負の相続財産を相続してしまい、自己破産するか否かで非常に困窮している方を以前お取引させて頂いたお客様からご紹介頂きました。
物件は1棟アパートでしたが、建物は築6年と浅く土地も角地であり評価できる物件でした。しかし入居状況が非常に悪く空き部屋の方が多い状況で、建物の色々な箇所に不具合が多く発生しておりました。
そういった状況でしたので物件から収入も見込めず、銀行借入返済金額の方が多くあり、滞納が続いている状況でした。そういった物件は一般の販売方法ではなく任意売却で銀行に連絡させて頂きお話しを進めていけば自己破産することなく、不動産を売却可能であるとお話しさせて頂きました。
当社は任意売却案件を専門に取り扱っている数少ない会社です。どのような状況に陥ってもそこから色々なご提案ができ、状況を変えられるお客様が多いです。
今回も売主様は自己破産することなく、物件を希望通り売却でき第二の人生を歩むことができるようになった案件となりました。

不動産業者の融資斡旋でスルガ銀行等から融資を受けたが、返済できない・・・

アパートローンの支払いができず、自宅まで差押えされそうなので、どうしたら良いか教えて欲しいとご相談頂きました。

 神奈川県に在住とのことでしたので、まずはお電話で概略はお聞きしました。ご相談者様は奥様とお子様の3人家族、30代の働き盛りのサラリーマンですが、生活費・お子様の養育費から貯蓄もできず、将来の年金に対する不安から不動産投資を始められました。当初は不動産投資書籍など読み漁り勉強に励まれていたみたいですが、いざ購入という場面になると自己資金不足から金融機関の融資は通らず、半ば諦めかけていたところ、ある不動産会社から自己資金がなくても買える物件が愛知県にあると紹介されたのが始まりでした。不動産会社からは、金融機関と太いパイプがあるので全てを任せてほしいと言われ、言われるがままに要求された資料を渡すと、1週間程で融資が通ったと連絡があり物件の現地確認をするまもなく契約をしてしまったとのこと。空室が20%近くあったのですが、業者がサブリースをするので問題ないとの言葉を鵜呑みにしてしまい、購入後も一度も物件に訪れることもなかったみたいです。

続きを読む

ところが、昨年から表面化した不動産会社、スルガ銀行などの不祥事に伴い、スルガ銀行より連絡が入り、ご相談者自身の預金通帳も改ざんされていたことがわかったとのこと。びっくりしてすぐに不動産会社に連絡したが、担当者は退社しており詳細がわからないの一点張りで、翌月からは、サブリースしていた部屋の賃料の入金もなくなってしまったと。 もともと億を超す借入をしながらも毎月のキャッシュフローは数万円程度でしたので、サブリース賃料が未払いとなったことで、自宅の住宅ローン、生活費、養育費、アパートローンの返済など、とても給与だけでは賄いきれなくなってしまい返済ができなくなってしまったとのこと。 まずは、物件の入金状況のわかる資料をお預かりし、現地調査、なぜ入居が決まらないのかなど賃料相場の調査を行いました。物件は、保守管理・清掃などまったくされておらず、空室も原状回復工事されていないばかりか賃貸募集もされていない状況でした。購入先の不動産会社は管理会社も兼ねていたのですが、管理報告などでたらめであったのです。 弊社の調査では、幸いにして、適切な保守管理状態を保ち、原状回復工事を行えば十分に入居付けができるとの結論でした。 すでにご相談者様は、アパートローンの返済を数ヶ月滞納しているため、いつ差押がなされても不思議でない状況でした。本来であれば適切な管理・募集を提案し、入居率UPのうえ販売したいところですが、時間がありません。 そこで弊社にて投資コンサルティングを行っている数十組のお客様に対してご紹介、物件の購入後の空室のリノベーションの提案、管理・募集のシュミレーションを行ったところ、2組のお客様より購入意思を頂くことができました。1組の方は現金、もう1組は借入でしたので、時間がない旨を説明・ご理解頂き、現金で購入のお客様とすぐに売買契約を締結することになりました。タイミングが良かったこともあり、ご相談から4週間弱で取引は全て完了となり、アパートローンの返済ができました。  自身の判断が誤っていたいと反省はされながらも、“普通の生活ができる喜びがわかりました!今後は家族との生活を第一に地道に働きます!”と前向きなお言葉を頂戴しました。  弊社にも、昨年より急増している典型的なアパートローントラブルのご相談です。 ご相談者様も物件を見たことがない、不動産会社にまかせっきり、なぜ融資が通った?と疑問を抱きながらも、放置してしまっていることが多くあります。オーナー様にも問題点はあるとは言え、やはりプロである不動産会社がしかっりとサポートすることでほとんどのトラブルは回避できます。利益至上主義に走るばかりに、預金通帳の偽造、物件の入居状況の偽造など詐欺行為はもってのほかです。購入物件は基より、それを販売する不動産会社の経営方針もしっかりと吟味・精査されることをお勧め致します。

1日でも早い解決には1日でも早いご相談が大切です。
ご相談は無料です、多数の実績のある当社にお任せください

0120-406-213

お問い合わせフォーム